羯諦羯諦

不惑女の迷走日記

生きる

愛したいのだ

「愛されたい」と願ってきた。 ところが圧倒的なまでに分厚い自己否定(ない)という壁が立ちはだかって自分では到底叶えられそうにない。 だから手っ取り早く「自分以外の誰か」に愛されようと必死に求めてきた。 それは人でも仕事でもモノでも、とにかく誰…